DNSとは、レコードタイプ一覧

server

DNSはインターネットを構成する重要な位置づけを担っている仕組みです。本コンテンツではDNSの仕組み、その仕組みを動かすサーバについて解説を行っていきます。

1.基本用語

IPアドレス(IPv4アドレス)

ネットワーク上のコンピュータを識別するために利用する一意な数列です。InternetProtocolはインターネットでコンピュータ同士が通信を行うためのルール、決まりです。Addressは住所です。つまり、IPという決まりを使用する上での住所という位置づけになります。住所は重複してはいけません。よってIPアドレスは世界に1つだけ、同じものがあってはいけないというルールがあります。(※例外的なしくみも存在します。)

ホスト名

ホスト名とはコンピュータにつけられた名前です。現実世界で、同姓同名が何人も存在するようにこのホスト名は同じものが存在していてもコンピュータ同士の通信にはなんの問題ありません。

DNS(Domain Name Service)

IPアドレスとホスト名とIPアドレスを紐づけるためのプロトコル、仕組みです。

ゾーン(ZONE)

ゾーンとはDNSサーバが管轄するドメインの範囲です。ゾーン管理できる権限を持っていることを、そのゾーンに対して「権威を持っている」といいます。下位のDNSサーバにゾーンの管理を移すことを委譲と呼びます。

ゾーンファイル

ゾーンファイルは一言でいうと「電話帳」です。たとえば、ゾーン:hogehoge.comに対して権威を持っているDNSサーバは「hogehoge.comの電話帳」すなわちhogehoge.comのゾーンファイルを持っています。

マスターDNSサーバ、スレーブDNSサーバ

通常は冗長性を確保する為DNSサーバは複数構成にします。ゾーンファイルを所有するDNSサーバをマスター(プライマリと呼ぶこともある)DNSサーバ、マスターDNSの情報をコピーするDNSサーバをスレーブ(セカンダリとよぶこともある)DNSサーバと呼びます。マスターからスレーブへゾーン情報をコピーすることをゾーン転送と呼びます。

DNSクライアントのコマンド

IP アドレスとホスト名の変換を行うコマンドには nslookup や dig があります。どちらも IP アドレスかホスト名を引数に指定して実行することで、DNS を利用した正引き(ホスト名から IP アドレスへの変換)や逆引き(IP アドレスからホスト名への変換)を行うことができます。nslookup よりも dig の方がより詳しい情報を得ることができます。

DNSサーバの用途/役割

DNSサーバはその振る舞いに応じてコンテンツDNSかキャッシュDNSと呼ばれます。サーバの設定によっては両方に当てはまるケースもあります。
特定のゾーンファイルを管理し、インターネット(または社内や限られたネットワーク)に向けてゾーン情報を発信するコンテンツDNSサーバと、インターネット(または社内や限られたネットワーク)からクライアントが必要とする名前解決を代行しレコードを集めてきてくれるキャッシュDNSサーバ(フルサービスリゾルバとも呼ぶ)に分類されます。それぞれ役割がまったく異なりますので、設定を行う前に動作の概念を理解しておく必要があります。なお、キャッシュDNSとコンテンツDNSを共に担うケースもあります。
 DNS種類

DNSレコード

レコードとはある値(キー)に対してある値が示されたデータです。「hogehoge.com = 192.168.1.1」といった具合にある値に対して、ある値を紐づける、といったデータです。また、レコードには用途に応じたいくつかの種類があります。用途が示されていないと、そのレコードが何を示すレコードなのかわからないからです。用途もレコードにセットで示されます。これらをざっくりふまえるとレコードの構造は以下のようになります。

tagutagu.com(キー) A(レコードタイプ、用途) 192.168.1.1(バリュー)

2.DNSレコードタイプまとめ

タイプ 概要
A
tagutagu.com A  192.168.1.1

ホスト名⇒IPアドレスと紐づける情報が記述されたレコードです。「正引き」といわれる種類の名前解決に利用されます。

NS
tagutagu.com NS ns.tagutagu.com

NSレコードとは対象ドメインの名前解決を行う(権威を持つ)DNSサーバを示すレコードです。なんとなくとっつきにくいものですが、想像してください。クライアントがもし「tagutagu.com」にアクセスしたい場合、「tagutagu.com」ドメインのレコード情報を持っているサーバ(⇒つまりtagutagu.comのネームサーバ)にアクセスしないといけないわけです。そうしないと、そもそも「www.tagutagu.comに紐づくIPおしえて。」を聞く相手がどこにいるのかわかりません。tagutagu.comにアクセスしたいクライアントは「tagutagu.comの権威を持ったDNSサーバはどのホスト?=tagutagu.comのNSレコードを要求」という動作が必ず必要になります。

 MX
tagutagu.com  MX  mail.tagutagu.com

MXレコードは対象ドメインのメールサーバ(Mail EXchange)はどこにあるか示すものです。クライアントやSMTPサーバがもし「tagutagu.com」にメールを送信したい場合、tagutagu.comのドメインのメール配送を担当するサーバを特定する必要があります。上記の例では、tagutagu.comのメール配送を担当するサーバはmail.tagutagu.comという意味になります。

 AAAA
tagutagu.com AAAA 2001:1111:2222:abcd::1

IPv6アドレス用のAレコードです。IPv6は128bitのアドレス空間をもつため、アドレスが若干とっつきにくいですが、意味はIPv4用のAレコードとまったく同じです。

CNAME
tagutagu.com CNAME www.tagutagu.com

既にAレコードで定義したレコードに対して、別のレコードを対応づけることができます。

PTR
8.8.8.8.in-addr.arpa. PTR google-public-dns-a.google.com.

IPアドレスからホスト名を対応づけるレコードとなります。

TXT
SRV

 

 

 

 

 

 

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket