RIPの基本

RIPとは

cooltext193819488593163

RIP(Routing Information Protocol)はダイナミックルーティングを行うためのルーティングプロトコルです。Rest In Peaceとは全く関係ありません。
主にAS内でのルーティングを行うIGPに該当し、ディスタンスベクター型のルーティングプロトコルとして分類されます。RIPは最適ルート選出に名前のとおり距離(Distance)を指標として、宛先となるネットワークへの最適経路を選出します。なお、このRIPですが実環境で採用されることは非常に少なくなっており、オワコン技術感は否めない残念な立ち位置にあります。

RIPにおいての最適経路

RIPのルートメトリックはホップ数です。ルータ(異なるネットワーク)を経由する毎にメトリック増加し、15以上のメトリックとなるルートは利用可能な経路として選出されません。このことから、RIPは大規模なネットワークには向かないといえます。

RIPのルート選出

RIPの情報交換はRIPが有効になったルータ間で、経路情報データが格納されたパケットを交換することにより行われます。RIPが有効になったルータはアナウンス対象となるネットワーク経路を他のRIPルータへ伝えます。このアナウンス対象のルートは、自身に直接接続されている(この図ではCとなっているルート、connectedの略です)ルートはもちろんのこと、他のRIPルータから教えてもらったルートも伝達させます。相手からネットワーク情報を受け取ったらメトリックを1加算し、自身の保持ルートとして登録します。この保持ルートのメトリックが15以上とならなければ到達可能なネットワークとしてルーティングテーブルに登録されます。
RIP

RIPのバージョン

RIPには初期で利用されていたRIPv1とRIPv2が存在し、挙動に多少の違いがあります。
また、IPv6用のRIPとしてRIPng(next generation)も存在します。
v1とv2のバージョンによる違いは以下のようなものが挙げられます。
RIPv1 RIPv2
経路交換時の通知アドレス 255.255.255.255 224.0.0.9
RIPルータ間の認証 なし あり(オプション)
ネットワーク クラスフル クラスレス(VLSM)
経路集約 クラスフル境界の自動集約のみ 自動集約+手動経路集約も可能
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket