データベースとは

 データベースとは

データベースとは、データを保管・管理する事に特化の技術・仕組み。テキストファイルにそのままデータを書き込んでおくことでも一応データを保管しているとは言えるが、データベースには保存するにあたりデータを安全に保するための仕組みや制約、欲しい情報を柔軟に取り出すための仕組み、非常に多数の種類・量のデータ保管に耐えうる仕組みが多く用意されている。

データの保管形式の種類

DBのデータ保管形式は、「階層型データベース」、「ネットワーク型データベース」、「リレーショナル型データベース」の3つに分類される。
種別 特徴など
階層型データベース データをツリー方式で管理する。windowsやlinuxでもrootディレクトリを頂点として、ファイルやディレクトリが存在するがこれも階層型データベースの一種である。基本的にデータには親が1つ。廃れてる。
NW型データベース データ間が網目上につながっており、個々のデータが複数の親・子を持つ方式​。廃れてる。
リレーショナル型 リレーショナル型では、エクセルのような行と列から構成される2次元の表形式となり、データとデータは複数の表と表で関連付けられている。現在のデータベースの保管形式の主流である。RDBMSはリレーショナルデータベースマネージドシステムの略。
NoSQL RDBMSの短所を補う目的で登場したデータベース。データの扱い方の種類がKVSをはじめ、複数存在する。

データベースシステムの種類

ここによくまとまっていました。ありがとうございます。
主要なDBをまとめてみました。こんなのがあるレベルですが、、、
種類 特徴など
MSSQL Microsoftが開発しているデータベースソフトウェア製品・ライセンス費用が必要な有償製品
MySQL オラクルによって開発・管理されているデータベースソフトウェア。一部機能を利用する場合にはエンタープライズ版の有償ライセンスが必要。
MariaDB MySQLの派生系DBソフトウェア・オープンソース・MySQLとベースは同じ。MySQLで使用するためには商用ライセンスが必要な機能も使えたりする。バージョン10からMySQLにはない独自機能も実装された模様。
PostgreSQL MySQLと共にオープンソースのDBではメジャーな存在・ポスグレと呼ばれる。ゾウさんマーク。
Redis NoSQLに分類されるデータベース。キーバリューストア(KVS)と呼ばれる技術を採用している。インメモリで動作するためRDBMSと比べ格段に早い。MySQLと組み合わせてシステム全体を高速化したりすることもできる。
MongoDB  NoSQLに分類されるオープンソースのデータベース。データをjsonのような形式として扱う。
Amazon Aurora  AWSで提供されているPaaS RDS で選択できる。MySQLと同じように使用でき、MySQLよりも高速ですが謳い文句。
Amazon DynamoDB  AWSで提供されるPaaS. NoSQL。
Oracle お金もってる人が使うイメージのRDBMS。金融系や超クリティカルなシステムで採用されるケースが多い。

 データベースの基本用語

用語 概要
SQL
データベースを操作するためのコマンド。標準化された言語という位置づけだが、DBの種類によって微妙に扱いが違うことがある。
DB Server データベースサーバソフトウェアが稼働しており、DBクライアントから受けたリクエストに沿ってデータベースを制御する役割。
DB Client
サーバに対してSQLを発行してリクエストを行う側。ローカルPCからDBクライアントソフトを使用して操作するケースやWebサーバ、APPサーバからphp経由で操作をするケースなどDBへの命令の出し方パターンは様々。
DBA Data base administrator。データベース管理者のこと。データベースサーバは重要な機密情報が保管されるケースも多く、システムにおいて最もクリティカルなサーバとなることが多い。DB管理のための専属要員。
データベース データが保管されている部屋
テーブル データが実際に保管されている箱1つ。データベースにはいくつものテーブルが格納されている。
レコード 箱の中のにしまってあるデータ1set
カラム データ1setの各項目に、どのような種類のデータを・どのような方式で・と示した項目。データをレコードとして登録・書き換え・削除する場合はこのルールに従う。
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket