MRTGの設定

MRTGとはSNMPを利用して収集したデータをもとにトラフィック量の推移をグラフィカルに表示できる監視ツールです。今回はCentOS6.3上にインストールを行います。

参考: http://easyramble.com/install-and-setup-mrtg.html

①必要なツールをインストールします。

②net-snmpの設定ファイルを編集します。

編集内容

③MRTGを設定します。

設定ファイルを作成する。

監視機器が複数ある場合は>>で続けてコマンドを実行しましょう。

設定を追記する。

#  for UNIX # WorkDir: /home/http/mrtg # MRTG 表示用の HTML ディレクトリ WorkDir: /var/www/mrtg   #  to get bits instead of bytes and graphs growing to the right # Options[_]: growright, bits # グラフの表示向きを左→右(過去→現在) Options[_]: growright, noinfo EnableIPv6: no

インデックスページをツールで作成する。

エラーがでるがど気にせず三回実行。

③apacheの設定を行います。CGIを許可する設定を行いましょう。

■変更前

■変更後

③apache再起動で確認。

 

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket