渓流釣り入門 - 服装編

渓流釣りと一言に言ってもネットなどで検索すると、さまざまな服装、装備が出てくるかと思います。この記事では筆者が個人的におすすめするスタイルを紹介します。

ヘルメット

重要度★★★★

目の前に岩が降ってきてゾッとした経験があります。落石や転落時の安全対策です。釣り人でヘルメット装備している人は少ない気もしていますが、同じような行動をしている沢登の人がほぼ100%ヘルメットをしているのに、釣り人がしていないのが不思議でなりません。リスク軽減のため強くおすすめします。熊などに襲われた時にも活用できるかも(?) 。本流など川幅が開けた場所では必須度合いとしては下がります。

偏光グラス(眼鏡)

重要度★

光の乱反射を軽減し、川の中の魚を見えやすくしてくれます。釣具屋さんの高いモデルもありますが、 JINS でも作ることができます。¥10,000以内でできるので個人的にオススメ!綺麗な景色をそのまま楽しみたいので普段はあまり使いません。

防虫ネット

重要度★

頭からかぶるネットです。暖かくなってくると目の前をブヨやら蜂がブンブン飛び回る機会が増えてきます。虫が嫌いな人にはおすすめ!トレードオフとして視界が悪くなります。

タオル

重要度★★★

首に巻いておきます。首を虫などに刺される防御にもなりますし、暑くてたまらない時は、汗をふく -> 川で洗う -> また首にまく -> 涼しい!となれるのでタオルが良いかな、と思います。

レインウェア(アウター用途)

重要度★★★★★

寒い時期用、暑い時期用と2種類ぐらいもっておくと良いでしょう。レインウェアと書いてありますが、雨天専用ではなく、アウター用途として使います。アウトドア用の水を通しにくい素材であればなんでも良いです。水に浸かることもあるので、水を含むと重くなるような素材は避けましょう。個人的にワークマンのアウトドア用レインウェアをおすすめします。(デザインとコスパが良い!)

速乾性のインナー(長袖)

重要度★★★★★

水を含むと重くなったり、乾きにくいような素材は避けましょう。シーズンによって重ね着する枚数を調整してます。

フィッシンググローブ

重要度★★★★★

遡行では、岩に手をかけたり、地面を触ったりします。親指、人差し指、中指が空いている手袋が手を保護しつつ不便を感じないのでおすすめです。釣具屋さんで専用のものを買っても良いですが、そのへんのスーパーとかコンビニで売っている手袋の指をハサミで切っても良いでしょう。

半身ウェットスーツ

重要度★★★★★

下半身用のウェットスーツです。水に濡れることを前提とした装備で、優れた保温性を発揮します。3,4月は寒いので水を通さないウェーダーを買っても良いでしょう。(個人的にウェーダーは動きにくくて嫌いなので使ってません。)

速乾性ハーフパンツ

重要度★★★★★

ベルトが通せるタイプにしましょう。

ウォーターソックス(ネオプレーン)

重要度★★★★★

ダイビングソックス、マリンソックス、などと呼ばれることもあります。半身ウェットスーツと組み合わせて使用します。

沢靴(フェルトシューズ)

重要度★★★★★

滑りにくいフェルトシューズが渓流釣りでは鉄板です。メーカーのしっかりしたシューズものでもいいですが、フェルトソールの張り替えなどが面倒なのでAmazonで安い沢靴を毎年買い替えてます。

軽アイゼン

重要度★

靴に装着して地面へのグリップ力を高める、スリップを防止するものです。どうしても危険な斜面などを通過しなければいけない時用。が、そもそもそんなシチュエーションには近づかないようにしているので、個人的には重要度は低いです。

フィッシングベスト

重要度★★★★★

熊鈴

重要度★★★

熊対策です。筆者は音色の異なる鈴を2つ持ち歩いています。(ジャラジャラ系とチリンチリン系)

Bluetoothスピーカー・電子ホイッスル

重要度★★

熊対策です。Bluetoothスピーカーはスマホにペアリングして爆音で音楽を流せます、電子ホイッスルは大音量を出せるので見通しの悪い場所などで頻繁に鳴らしています。

熊スプレー

重要度★★★

熊対策です。いざ襲われたら使えるのか問題はさておき、いざとなったらと安心感を得るためにも持っておくと良いでしょう。誤爆注意!

Copyright © 2021 たぐたぐ.com. All rights reserved.