viエディタの利用・操作コマンド

viとは

ViエディタはUNIXやLINUXで標準的に使用されているエディタです。

vi

Linuxでテキストファイルを操作するツールとしては、viエディタの他に、nanoエディタやEmacsエディタがあります。viを利用するにあたりインストール作業は特に不要で、OSインストール直後からviコマンドを利用することが可能できます。viエディタは、決められたキーを入力することで各種操作が可能なコマンドモードと、キーボードから入力された文字をファイルに書き込む入力モード、各モードを用途に応じて切り替えて使用します。

※LINUXではViを拡張したvimを使用している場合が多いようです、基本操作はほぼ同様です。

viの入力コマンド(実行後、入力モードが開始されます。)

キー 動作
i カーソルの前にテキストを挿入する
a カーソルの後にテキストを挿入する
l 最初の行に移動してその直前にテキストを挿入する
A 最後の行に移動してその直後にテキストを挿入する
o カレント行の下にテキストを挿入し、その行でテキストを入力する。
O カレント行の上にテキストを挿入し、その行でテキストを入力する。
ESC(キー) 入力コマンドから抜ける。

viのカーソル操作(入力モードで無いとき使用できます)

キー 動作
h(←) 左に移動
l (→) 右に移動
k(↑) 上へ移動
j(↓) 下へ移動
0 行の先頭に移動
$ 行の末尾に移動
H 画面上の一番上の行頭へ移動する
L 画面上の一番下の行頭へ移動する
G ファイルの最終行へ移動する
nG ファイルのn行目へ移動する
:n ファイルのn行目へ移動する

入力モードの終了、ファイルを保存、シェルコマンドの実行

キー 動作
i カーソルの前にテキストを挿入する
:q ファイルへ保存せず、終了する(編集した時は、保存するか聞いてくる)
:q! 編集内容を保存せず強制終了する
:wq 編集内容を保存して終了する
ZZ :wqと同じ、ファイル内容を保存する
:w 編集した内容を保存する
:e! 最後に保存した内容に戻す。
:r ファイル名 ファイルの内容をカレント行以降に読み込む
:!コマンド Viを終了せずにシェルコマンドを実行する。

コマンドモードからのテキスト編集コマンド

キー 操作
x Xカーソル位置の文字を削除する。
X カーソル位置の手前の文字を削除する。
dd カレント行を削除する。
dw カーソル位置から次の単語までを削除する。
yy  カレント行のコピー。
p カーソル位置の後にペーストする。
P カーソル位置の後にペーストする。

コマンドモードからの検索コマンド

キー 操作
/検索文字列 カーソル位置から向こう側に向かって検索
?検索文字列 カーソル位置から手前に向かって検索
n 次を検索
N 次を検索(逆方向)
;noh 結果のハイライト表示を解除する
;%s/A/B/  文字列AをBに置き換える(sedと似てる)

コマンドモードの出力変更

キー 操作
:set nu 行番号を表示する。
:set number 行番号を表示する。
:set ts=  タブ幅 タブ幅を数値で指定。

 

 

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です