メールエージェント・メールのプロトコル

メール配送に関わるプログラム(エージェント)とは

メールは様々な役割を持ったプログラムによって成り立っています。

MUA:Mail user Agent

電子メールを送受信し管理するためのアプリケーションソフトウェア(メールソフト、メールクライアイント)を指します。Mozzilaのthunderbird,マイクロソフトのOutLook、Windows Livemail,Outlook Expressなどお馴染みのMUAをはじめ多くのMUAが存在します。メールサーバからメールを受信したり、メールサーバに対して、送信メールを届けたりする役割を担います。

MUA

MTA: Message Transfer Agent

インターネット内で電子メールを配送する役割を担います。ユーザが送信したメールを受け取って、他のサーバと連携してバケツリレー式に目的地まで配送したり、届いたメールをユーザが受け取るまで保管したりします。メールの仕組みを構成する上での郵便局にあたります。郵便局はユーザから郵便物(メール)を受け取ったり、郵便局(MTA)間で連携してメールを他のMTAへ届けたりします。

MTA

 

 

MSA:Message Submission Agent

MUAがメールを送るときに接続するシステムです。プロバイダと契約すると連絡される「送信メールサーバ」のこと。昔はMUAは直接MTAに接続してメールを送ると扱われていたのだが、スパマーがスパムメールをばら撒きすぎたので外部にメールを中継するMTAの前に、プロバイダ内部からのメール送信を受け付けるMSAをおくというモデルに変化しつつあります。

 

MDA:Mail Delivery Agent

MTAからメールを受け取り、ユーザのために確保された領域(メールボックス)に保存するプログラムです。多くはMTAとセットで用意されています。MDAの種類によってメールボックスの形式が変わるので、このメールボックスを読み出すMRAと相互運用可能なものを選定する必要があります。

MRA:Mail Retrieval Agent

MUAがメールボックスからメールを読み出すときに接続するプログラムのことを指します。メールボックスからメールを取り出す(retrieve)プログラムです。プロバイダと契約すると連絡される「メール受信サーバ」がこれであり、MUAとMRA間のプロトコルとしては、POP3やIMAP4が多く使われています。

MRA

 

 

 

 

代表的なプロトコル

SMTP(Simple Mail Transfer Protocol)

インターネットで電子メールを転送するプロトコルで現在最も普及しています。IETF(規格化団体)によって認定されており、通常は TCP のポート番号 25 を利用します。SMTP はメールサーバの MTA 間の転送だけでなく、MUA からメールサーバにメールを送信するときにも使われます。

POP3(Post Office Protocol)

ユーザーがメールサーバから自分のメールを取り出す時に使用する、メール受信用プロトコルです。現在は、改良されたPOP3 (POP Version 3) が使用されています。通常TCPポートの110番を使用します。

IMAP(Internet Message Access Protocol)

メールサーバ上の電子メールにアクセスし操作するためのプロトコルです。クライアントとサーバがTCPを用いて通信する場合、通常サーバー側はIMAP2, IMAP4ではポート番号143番、IMAP3では220番を利用します。読み方は“アイマップ”。

※備考:POPとIMAPの違い

POPとIMAPの違いはメールデータ自体がサーバ上に残るか、残らないかということです。POPではダウンロードしてしまったメールデータは自分のパソコンにしか残りません。(ちなみに現在はPOPサーバであってもメールを配送時、残すという機能をもっているものもあります)

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket